カワウソカフェのカワウソは「器具及び備品」

シェアする

スポンサーリンク
かわうそ

ラジオを聴いていたら、「カワウソカフェ」について話題にしていた。

番組ブログWEEKEND PLUS(FM802)

「猫カフェ」で猫たちとふれあえるように、「カワウソ」とふれあえるカフェだ。

驚いたのはカワウソの「値段」だ。

60万円するらしい。

赤ちゃんだと100万円もするとのこと。

高い。

カワウソの値段を聞いてこんな疑問が浮かんだ。

カワウソは”減価償却”する必要があるのか?

スポンサーリンク

カワウソの会計処理

カワウソは60万円もするのだから、当然ながらカワウソカフェにとっては「資産」だ。

おそらく店で一番稼いでいるから「最重要の資産」といっていい。

カフェが所有している動物はどんな種類の資産になるのか。

調べてみたら、カフェの動物は会計上「器具及び備品」という「資産」であり、減価償却するときの耐用年数は8年だそうだ(耐用年数未満で死んだ場合は未償却分はすぐに経費で計上できる)。

参照猫ちゃんの耐用年数は8年…みーんな大好き猫カフェ・会計面から見ると「器具・備品」に(2019.9.5 まいどなニュース)

カワウソは損金で処理できない

カワウソは60万円もするから購入した年度に一括で損金、つまり経費として処理できない。

もし、カワウソカフェが「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」の条件にあてはまる業者であれば、カワウソの取得費用が30万円未満なら経費(損金)として計上できる。

参照No.5408 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例(国税庁)

が、60万円もするから「器具及び備品」として資産としてバランスシートに計上して、8年かけて減価償却していかなければならない。

参照減価償却資産の耐用年数等に関する省令(電子政府の総合窓口「e-Gov」)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS