Excelで矢印キーが突然きかなくなったときの対処法

シェアする

スポンサーリンク
矢印キーが使えない!

わたしのPC(OSはWindows 10)で、Excelの画面を左に動かそうとして、矢印キーの「左(←)」を押した。

なのに、カーソルが左に動いてくれない。

なぜ?

キーボードが壊れた?

調べてみたら、キーボードの故障ではなかった。

参照【Excel】矢印キーを押すと画面がスクロールしてしまう(asLive)

スポンサーリンク

スクロールロック

Excelの操作で矢印キーがきかなくなるのは「スクロールロック」が「有効」になっているからだ。

スクロールロックなんか有効にしたおぼえがないのに、なっている。

画面の左下に「SCROLLLOCK」というメッセージが表示されていた。

矢印キーをきくようにするには、この「SCROLLLOCK」を「無効」にしなければならない。

キーボードに「Scroll Lock」キーがあれば押せば無効になるようだ。

「Scroll Lock」キーがない場合

もし、キーボードに「Scroll Lock」キーがなければ、スクリーンキーボード起動させる。

Windows 10の場合、「スクリーンキーボード」で「検索」する。

スクリーンキーボード 検索

スクリーンキーボードのアイコンをクリックすると、画面にキーボードが表示される。

キーボードが表示されたら、右下の方にある「ScrLK」キーをクリックする。

スクリーンキーボード

これで、Excelの矢印キーがきくようになった。

一件落着。

参照ScrollLock キーをオフにする – Excel(Microsoft サポート)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS