【Windows 10】「2004」へのアップデートが終わってホッとしたのも束の間

シェアする

スポンサーリンク
update

次々とWindows Updateがやってくる2020年の年末。

先日、PCのWindows 10を「2004」にアップデートした。

Windows 10 Update (Ver. 2004)のアップデートと所要時間
わたしのPCのWindows 10 Update(バージョン2004)が完了した。

「大型アップデート」のようで、完了するまで2時間かかった。

無事終了したとき、

これでのんびりと年末年始が過ごせる

とホッとした。

が、「2004」のアップデートから数日後、今度は「20H2」へのアップデートがやってきた。

Windows Update 20H2

え?

まだあるの?

スポンサーリンク

年末年始休暇が取り消された気分

2020年の大型アップデートは「2004」で最後だと思っていた。

なので、「2004」への更新終了後すぐに「20H2」の更新が必要だとわかって少しショックだ。

まるで、サラリーマン時代に年末年始休暇中に会社から「すぐに出社して!」と突然電話がかかってきたような気分。

ちょっとおおげさかな(笑)。

「20H2」へのアップデートは大型か?

わたしが心配なのは、「”20H2”のアップデートも”2004”と同じような大型アップデートなのか?」という点だ。

2004のように更新完了まで「トラブル・不具合の心配をしながら」2時間近く待たないといけないのか?

Windows 10次期バージョン「20H2」は、痛みの少ないアップグレードに(2020.10.6 @IT)

という記事によると、「20H2」の更新は「1909」と同様の「有効化パッケージ形式」となるようだ。

「1909」のアップデートはそれほど時間がかからなかったので、「20H2」の更新も大型の割にはすぐに終わるのかな?

「Windows 10」の大型アップデート「1909」はそれほど大きくなかった
2019年11月中旬、わたしのPCに「Windows 10」の大型アップデートとされる「November 2019 Update」を適用した...

「20H2」のアップデート予定

本記事を書いているのは2020年の年末だ。

年末にアップデート作業で精神的にバタバタしたくない。

なので、「20H2」へのアップデートは2021年の年明け以降に実施したい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS