東京オリンピックで「早期リタイアは早いほうがいい!」と実感

シェアする

スポンサーリンク
olympic

加齢に負けた。

早期リタイアは早くできるなら早いほうがいい……

とオリンピック中継を観て実感した。

若いときに早期リタイア生活を満喫している人がうらやましい。

スポンサーリンク

中継の途中で眠くなる

先日(8月2日)、オリンピックの野球「日米戦」を観ていた。

22時頃まで観ていたが、睡魔がやってきた。

アメリカに1点差まで追いついていて「これから面白くなる」と思っていたのだが。

眠さに勝てず、寝た。

サヨナラ

結果は日本のサヨナラ勝ちだった。

最後まで観たかった!

もし、今が30代くらいなら、間違いなく最後まで観ていた。

「50代の早期リタイア生活」と「30代の早期リタイア生活」を比べると、後者の方が自由時間が多い。

何歳になっても1日は24時間だが、活動可能時間は若い方が圧倒的に多い(当然だが)。

「もっと早く、遅くとも30代後半くらいで早期リタイアしておけば……」

と実感したアラフィフのオリンピック中継だった。

【追伸】もちろん、早期リタイアするなら自分で「これだけあれば十分だ」と思える貯蓄を用意してね。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS