Amazon電子書籍出版のためにEINを取得して二重課税を回避する

シェアする

スポンサーリンク
tax of USA

AmazonのKindleで作家デビューできた。

印税が振り込まれる。

しかし、売上の30%をアメリカ政府に税金として源泉徴収されてしまう。

日本に居住しているからアメリカ政府に納税する必要はない。

これは避けたい。

避けないと、アメリカ・日本両政府に納税することになる。

二重課税、これはやだ。

スポンサーリンク

二重課税を回避する

Amazonのような、アメリカに販売拠点があるサイトで電子書籍を出版して売上が発生した場合、アメリカ政府が売上の30%を源泉徴収してしまう。

日本でも所得税・住民税をとられるので、日米で二重課税となる。

二重課税を避けるには、アメリカのIRS(内国歳入庁)という役所に申請をして、EIN(雇用者番号)を取得する。

EINを取得することでアメリカ側の源泉徴収が免除となる。

日本はアメリカと租税条約(二重課税の排除等に関する条約)を結んでいて、アメリカ政府(窓口はIRS)に申請すればアメリカへの納税は免除される。

外国政府に払う必要のない税金を払うのはバカバカしいから、申請したほうがお得。

IRSへ申請する方法

IRSへの申請で、参考にしたのは以下のサイトの記事。

Amazonのヘルプ
税に関する情報(米国外の著者/出版社様向け)
IRSフォームSS-4 「雇用者番号 (EIN) の申請」の記入例

個人ブログ等(Amazonのヘルプの内容と異なっているので注意)
kindle出版のためのSS-4の書き方
EINの取得方法【iPhoneアプリやKindle電子書籍を販売する人必見】
IRSにSS-4を提出してEINの取得に成功!
KDPのためにEIN取得手続き

とりあえず、Amazonのヘルプの通り記載してFAXで送ってみたが、自宅のFAXでは送信できなかった。

なので、郵便(航空便)で送った。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS