日経平均株価の適正値が実績値を上回る

シェアする

スポンサーリンク

日経平均株価、予想PER、長期金利から日経平均株価の適正値を求めると

上限 20,743.42
標準 16,887.76
下限 14,240.78

となった。計算方法は過去の記事を参照。

5/22の日経平均株価は15,627.26だったので、適正値と比較すると、まだまだ上がりそうな感じだ。理論的には最大20,743.42でもおかしくないようだ。ただ、長期金利が名目GDP成長率を超えて上がると適正値が下がる。

計算で使用した数値は下記の通り。
日経平均株価=15627.26
予想PER=17.2
長期金利=0.88
名目GDP成長率=1.5%
(出典 日経新聞、ブルームバーグ、内閣府)


株式長期投資 ブログランキングへ

<参考文献>



スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS