早期リタイアすると自然にお金が貯まる体質に

シェアする

スポンサーリンク

早期リタイアしてわかった逆説的な真実。
サラリーマン時代のように定期的な収入がなくなれば、体が自然に「低コスト体質」になる(これは人体の不思議)。例えば、

・通販サイトを見て衝動買いをすることはほとんどなくなる。
・買い物をするときはリストを作って短時間ですませるようになる。
・無駄な人間関係が自然消滅するので、無駄な交際費がなくなる。

・買わずに自作できないか?と自問自答するようになる。
・買おうかどうしようか、と迷っているうちに欲しくなくなる。
・お金をかけた趣味が、実はストレス解消だけが目的だったと知る。

・サラリーマン時代はお金を無駄遣いすることでストレスを解消していたのだと知る。
・時間が金融資産の何万倍もの価値があることを知る。
・多くの自由時間がお金を生んでくれることを知る。

特に節約を強いることはなく、単に退職しただけで出て行くお金が減って、手元に残る。実は「幸せに生きていく」だけならお金はあまり必要ないのだ、ということがわかった。ストレス解消費がほぼゼロ(時にはマイナス)になるから。退職すると無欲になる、というより、サラリーマン時代の消費行動がクレイジーすぎたのだ。

サラリーマン時代はmushoku2006氏の「年間生活費100万円! 36歳からのドケチリタイア日記」を読んでも「年間100万円で生活できるわけない!」と思っていたが……今は自分もできそうになってきた。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS