退職の挨拶メールを素早く書く方法

最終出勤日に全社に送信する「退職のあいさつメール」。

送信者にとっても受信者にとってもどうでもいいメールなので、あまり時間を書けずに素早く書きたい。

わたしの方法は次のとおり。

①他の退職者の挨拶メールをとっておく

②上記のメールから適当に文を拾ってコピペする

③名前等をリライトして完了

「①他の退職者のあいさつメールをとっておく」とは、自分より前に退職していった人たちのメールを保存しておくということだ。

もしなければネット上のテンプレートを参考にしてもいい。

<退職の挨拶メール・例>

おつかれさまです。お仕事中に失礼いたします。

さて、私ことKotaroは、このたび一身上の都合により◯◯株式会社を退職することとなりました。199☓年の入社以来、大過なく勤めさせていただきましたことは、ひとえに皆様のご支援ならびにご指導の賜物と深く感謝いたしております。

最後に皆様のご多幸と、◯◯株式会社の益々のご発展を祈念いたしまして、退職の挨拶とさせていただきます。

2014年3月31日
Kotaro 拝

2通の退職あいさつメール」を参考に作成

スポンサーリンク

最後っ屁はいなかった


わたしが退職する前、何十人もの退職者から「退職の挨拶メール」を受け取ったが、「退職の挨拶メール」の中で、最後の最後に会社への不満をぶちまける「最後っ屁」メールを送った者はいなかった。

みんな、同僚と会社への感謝を示しておとなしく去って行った。

もし最終日に「爆弾」を落として去って行ってもあとで後悔する。

最後はさわやかに去っていったほうが良い。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader