あ~眼福、眼福

シェアする

スポンサーリンク


NHK高校講座「現代文」を聴いた。教材は、俵万智のエッセイ『情けは人の……』だった。

教材の文中に、

眼福

という言葉があった。文中では、著者がボーイフレンドとの展覧会デートで次のように使っていた。

以前、いっしょに展覧会を見に行った時、あまりの素晴らしさに私が「あー、眼福、眼福。」とつぶやいた。

「えっ、何?ガンプクって」

「だから、まさにこういう状態よ。目が至福の時を味わってるって感じかしら」

その言葉を知らなかった彼は、興味津々。

「普通は、目の保養とかって言うんじゃない?」

「うーん、 そういう言い方もあるけど、 私にとっては眼福のほうが、 ぴったりくるのよね。なんかマンプクと響きが似ているからかしら。それは私の勝手なイメージなんだけど、とにかく美しいものを見て、ごちそうさまっていう気分になると、思わず、眼福ッて言いたくなるのよね。


わたしも「その言葉」を知らなかったので興味津々となった。久しぶりに美しい日本語に出会った。

がんぷく【眼福】
美しいもの,貴重なものが見られた幸運。 「思わぬ-にあずかる」

kotobank「デジタル大辞泉」

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS