そもそも、凡人が40代で早期リタイアできる貯金をどうやって作るのか?

シェアする

スポンサーリンク
貯金箱

早期リタイアできるかどうかは、次のように判定する。

「貯金 + 未来の収入」が、「未来の支出」以上であれば「早期リタイア可能」とする。

早期リタイア可能とするには次の3つのいずれかが必要だ。

  • 莫大な貯金を作る
  • 退職後もある程度収入を得る
  • 退職後の支出をなるべく小さくする
スポンサーリンク

持続可能な早期リタイアを目指すには?

早期リタイアしたとして、少しでも長く生きのびるには、
(1)「今後稼ぐお金」を増やす
(2)「今後必要なお金」を減らす
の2つの方法が考えられる。

凡人なので(1)はそれほど期待できない。つまり(2)「今後必要なお金」を可能な限り減らすしかない。

貯金は才能?

「使うお金を減らす」と言っても、消費好きの人にとっては苦痛でしかない。

無理に減らそうとするとストレスがたまるだけでつまらない人生になってしまう。

「Amazonを見ていたらポチってしまいました(^^;」

という人には早期リタイアは向かないし、止めたほうがいい。

「ほしい物リスト」に入れて永遠に買うのを忘れてしまう、くらいがいい。

  • 楽しみのためにお金を使う理由がわからない
  • お金は使うためではなく、貯めるためにある
  • 預金通帳の金額が増えることが人生唯一の楽しみ

くらいの気持ちで臨まなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS