徒然草 一覧

関連コンテンツ

セミリタイアという人生を選ぶきっかけとなった座右の書

セミリタイアという人生を選ぶきっかけとなった座右の書

40代前半で会社を辞めて「セミリタイア」するきっかけになった本を紹介したい。 すでに当ブログで何回も紹介している本だ。 それは『...

記事を読む

「早期リタイアは退屈だから仕事したほうがいい」への反論

「早期リタイアは退屈だから仕事したほうがいい」への反論

「早期リタイアしたってどうせ退屈に決まってるから仕事した方がいい」という主張に反論しているのが日本の隠遁者のバイブル『徒然草』だ。 ど...

記事を読む

「やるか・やらないか」で迷ったらやらないほうがいい

「やるか・やらないか」で迷ったらやらないほうがいい

「やるべきか・やらないでおこうか」と迷ったことは、大体において、やらないほうがいい。 出典は日本のセミリタイア者のバイブル『徒然草』の...

記事を読む

スポンサーリンク
早期リタイアを先送りするときによく使う日本三大「言い訳」

早期リタイアを先送りするときによく使う日本三大「言い訳」

「会社を辞めたい」 「でも……だから辞められない」 と「言い訳」するのは『徒然草』の時代から存在する日本の「伝統」だった。 ...

記事を読む

時間は有限、いちばん大事なこと以外は捨てろ

時間は有限、いちばん大事なこと以外は捨てろ

嵐山光三郎『現代語訳 徒然草』(岩波現代文庫)を読んだ。 一番面白かったのが第188段の「いちばん大事なこと」。 一番大事なこと...

記事を読む