ブロガーが引っ越しただけでニュースになるってすごい

シェアする

スポンサーリンク

有名ブロガーのイケダハヤト氏が東京から高地に引っ越したことがニュースになっている。

ニュース記事:有名プロブロガー・イケダハヤト氏、高知へ移住 「東京で消耗するのが嫌になった」 (2014.6.2 J-CASTニュース)

引っ越しただけなのにニュースになるって、すごい。

引越し代の一部は「引っ越しの告知」でまかなえたのではないだろうか?

ブログのタイトルも「まだ東京で消耗してるの?」に変わっている。

スポンサーリンク

「地方に移住すると年収が増える」仮説


高知に移住した理由は上記の記事によると、「東京在住者が地方に移住すると年収が増える」という仮説に基づいているらしい。

イケダさんの持論では、ブロガーやマーケター、エンジニア、デザイナーなどのデジタル系クリエイターは、移住によって「できること」が増えるため、「東京を卒業して地方に移住すると、年収が上がると思う」。しかしこの「クリエイター移住論」は仮説にすぎないため、「体を張って実地検証」することにした。


東京から高知への移住は、その仮説を自分で検証するためのようだ。

東京は江戸時代から高コスト都市

「収入が増える」というイケダハヤト氏の仮説は正しいのかは検証待ちだが、支出は確実に減ると思う。よって、「純利益」は増えるのではないだろうか。

わたしも東京に住んだことがあるのでわかるのだが、東京は何をするにも「現金」が必要だ。

江戸時代の儒学者・荻生徂徠が八代将軍徳川吉宗に献上した『政談』という書物には、

江戸に住すむということは、まるで旅をしているようなものです。衣食住から箸一本までカネを出して買い揃える必要があります。すべて、カネを出して買い揃えないと一日も生きていくことができません。

抄訳 Kotaro


と書いている。

東京は江戸時代から「高コスト都市」だったのだ。

地方に移住して生活コストとストレスが減れば、活動の質と量が大きくなるだろう。

わたしもそうなっている。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS