株高の時は早期退職しない方がいい

シェアする

スポンサーリンク

a0002_010190

昨日(11月11日)は日経平均株価は17,000円台に乗って、終値が17,214.11円となった。為替も一時1ドル116円台となった。

含み益が大きく膨らみ、金融資産を大きく増やした個人投資家も多いと思う。

「これだけあればセミリタイアできる」

と思って勤務先に退職を申し出るのはちょっと待った方がいい。

スポンサーリンク

安心している時が危険

株高が続くと「資産効果※1」で気が大きくなる。

「投資の達人」「小金持ち」になったような気分になる。

こんなときに退職を決めるのは危険だ、とわたしは考えている。

というのは、株高のような好調期に退職すると、株価が暴落したときのショックが大きすぎるからだ。

必ず後悔する。

退職は、株価が低迷している時、含み損を抱えている時のような、経済的に不調の時がいい。

「最低の時」に退職すると、あとは上っていくだけだ。

どん底の時に退職した

わたしが退職した2011年は、大納会(2011年12月30日)の日経平均株価(終値)は8,455.35円だった。今の半分以下。

株式投資は、外国株は好調だったが、日本株は含み損を多く抱えていた。しかも、東日本大震災の年で、先がまったく見えない時だった。

「今が底かな」

と100%確信したわけではなかったが、退職してセミリタイア生活に入った。

※1 資産効果(しさんこうか)とは、資産価格が上昇することで消費・投資などが活性化することを指す。たとえば、土地価格の上昇や株価の上昇などによって消費や投資が促進されることを指す。 出典:金融・経済用語辞典

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS