たまたまいいタイミングで退職しただけなのかな

シェアする

スポンサーリンク


2014年度が終わったので、セミリタイア生活を日経平均株価で振り返る。

2012年初~2015年3月31日までの日経平均株価は下図のとおり。

20150331_nikkei1

退職後は、日経平均株価が「ほぼ右肩上がり」なのだ。

大きな上げは3回

①第2次安倍政権誕生(2012.12.26)後の長期高騰
②日銀のいわゆる「ハロウィーン緩和」(2014.10.31)による高騰
③日本企業の好業績(2015年3月期)による高騰

退職した年(2011年)は震災とデフレで精神的にも経済的にも絶不調だったが、2012年末に一転して株価が高騰した。

「金融資産増」で精神的にも楽になった(減ることも想定していたが)。

退職した時は「株式投資でセミリタイア資金を捻出する」なんてまったく考えてなかった

「いずれ株価は上がるだろう」、という淡い期待はあったが、実現するのは相当先の未来、ひょっとしたら死後になるかも、と思っていた。

まさかこんなに早く株価が上がるとは思っていなかった。

たまたま、いいタイミングで退職できた。

遊べるうちに遊んでおこう。

「アリとキリギリス」の寓話で言えば、「アリのように働いた後、キリギリスのように遊ぶ」のが理想だ。

アリのように「働くだけ」で人生が終わるのもむなしいし、キリギリスのように冬になって蓄えがなくなり、アリに物乞いに行って「夏は歌っていたんだから、冬は踊れば?」と皮肉を言われて拒否されるのもいやだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS