元勤務先の再就職要請を断る夢

シェアする

スポンサーリンク

昨夜、会社で働いている悪夢を見た。

前に勤めていた会社から「再就職」を要請される夢だ。

すでに退職しているのになぜか元勤務先のオフィスで席についている。

左を見ると2mほど離れた席に部長が座っている。彼は元上司だ。

スポンサーリンク

部長から再就職のオファー

部長がわたしに言った。

「今は決算期なので超多忙だ。担当者はみんな仕事をいっぱい抱えていてとても対応できない。もう一度入社して仕事を手伝ってもらえないだろうか。」

わたしは即答を避けてトイレに行った。

「個室」で再就職するかどうかゆっくり考えたかったからだ。

残業の毎日はもうイヤ

トイレに行ってみると人がいっぱいいて落ち着けそうになかった。

なので、ひとつ上階のトイレに行こうと思い階段を登った。

上階のトイレに行ってみると、ここも人でいっぱい。

「なんでこんなに人が多いんだ」と思ってふとデジタル腕時計を見ると「20:48」だった。

「うえ~、もう午後9時前じゃないか。毎日残業なんてもういや。入社要請は断ろう。」

と決意したところで目が覚めた。

※※

不二龍彦『決定版 夢占い大事典』(学習研究社 1999)によると、「オフィス」の夢は「職場についてどう思っているのか、何をしたいのか、何をしたくないのかをあらわすメッセージ」になっているようだから、自己流に夢判断すると、

入社を要請されるのは悪い気はしない。しかし残業で疲弊する毎日はいやだ。

ということだ。

Leave me alone.

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS