会社を辞めたらネガティブな感情を抱かなくなった

ornament

会社を退職して現在で約4年、

不思議なことだが、ネガティブな感情が沸き起こってこない。

在職時は感情がネガティブだらけだった。

正社員として、収入も地位も安定しているときは不安だらけだったのに、会社を辞めて、収入も地位も不安定になったのに、不安がない。

非常に不思議で、面白い人生になっている。

スポンサーリンク

ネガティブだったサラリーマン時代

「ネガティブ」というのは、

  • 自分に都合の悪いことが起こると他人のせいにする
  • いつも他人と比べて、妬む(年収、役職、職歴、学歴など)
  • 悪い未来を勝手に予測して、不安な気持ちになる
  • 誰からも急かされていないのに、勝手に自分で自分を急がせる

といった感情だ。

自分で自分を勝手に追い込んで心身が不調になっていた。

退職して悪霊が消える?

会社を退職した途端、悪霊が消えるようにネガティブな感情が消えた。

ネガティブな感情とは逆だ。

  • 自分に都合の悪いことが起こっても受け入れることができた
  • 他人と比べても何も感じなくなった
  • 未来はもっと良くなることを信じることができた
  • 何事もマイペースでできるようになった

本当はサラリーマン時代にこのような境地になれたらよかったのだけど、そこまで人間ができていない。

やはり、自分にとって幸福な環境を作るには「会社を辞める」のが正解だったのだ。

会社に正社員として勤めていれば、確かに収入は安定する、解雇される可能性も低いだろう。でも、煩悩があまりにも多すぎて、「心の会計」は大赤字だ。

コスト的に割に合わない。

もう、会社員のような「雇われ仕事」に戻ることはないだろう。

現在の環境は、サラリーマン時代の年収を遥かに上回る価値がある。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader