クレジットカード社会のせいでストリートミュージシャンの収入が半減

クレジットカードとコイン

昨日(2016.2.7)、ラジオをつけたら「ちきゅうラジオ」(NHKラジオ第1)という番組をやっていた。

海外の新聞記事を紹介するコーナーで、ノルウェーの新聞に乗っている話題を紹介していた。

ノルウェーでは現金を使う人の割合が激減していて、ほとんどの人がクレジットカードで買物をしているそうだ。

スポンサーリンク

クレジットカードの弊害?

外出するときもほとんど現金を持ち歩かないそうだ。

で、割りを食ってるのがストリートミュージシャンだ。

ストリートミュージシャンは「路上で曲を演奏して投げ銭をもらって稼ぐ」という商売だ。

曲を聴いて「いいね!」と思って投げ銭しようにも、ほとんどの人が現金を持ち歩かないので、ストリートミュージシャンに投げ銭できない

昔に比べて収入が半減しているとのこと。

「僕は妻に養ってもらっているから趣味で音楽ができるけど、専業でやるのはおすすめできない」というのが件のストリートミュージシャンのアドバイス。

割り勘はどうやるのか

もうひとつ、クレジットカード化で面白かったのが「割り勘」のやり方だ。

割り勘するときクレジットカードでどうやって払うのか。

払うときは誰かがクレジットカードでまとめて払う。

後日、クレジットカードで払った人の口座にネットバンキングで振り込むそうだ。

現金を持ち歩かないのだからその場で現金を渡すことができない。

だから、後日に振込みとなる。

ノルウェーは物価が高いので「おごる」というケースがほとんどないそうだ。

世知辛い。

わたしもクレジットカード派

わたしも現金はあまり持たず、外出先でもクレジットカードで払うことが多くなった。

現金払いしかできないケースを除いて、すべてクレジットカード(または電子マネー)で払っている。

参照:現金主義からクレジットカード主義へ転向したただ1つの理由



スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader