やっぱりサラリーマンには向いていなかったな~

シェアする

スポンサーリンク

佐藤優『お金に強くなる生き方』 (青春新書インテリジェンス 2015)を読んだ。

サラリーマンの「有効なお金の使い方」は「健康への投資」と「人間関係にお金を使う」だという。

後者の「人間関係へお金使う」というのは、例えば「分相応な範囲で後輩におごる」ことだ。

本書を読んで「やっぱりサラリーマンには向いていなかったな~」と強く思った。

スポンサーリンク

後輩におごって査定アップ?

後輩を飲みに連れて行くというのは、仕事帰りに後輩をよく行く店に連れて行って、飲み食いしながら仕事や人生について語るのだろう。

部長や役員、人事部などはこういうことをよくチェックしています。新入社員を分相応の店に連れて行き、面倒を見ているという情報は会社では結構な速さで伝わり、結局それが自分の評価につながります。

わたしのサラリーマンを思い返すと「新入社員を分相応の店に連れて行き、面倒を見る」なんてことはした記憶がない。

こういうのはすごく苦手。

仕事が終わって誰かを飲みに連れて行くのも、飲みに連れて行かれるのも苦手だった。

仕事が終わったらさっさと帰宅したい。

人事評価アップのための飲み会は嫌

「後輩を飲みに連れて行っているかどうか」が「人事考課のポイント」になっていると思うと、背筋が凍る思いがする。

「飲みに行く」ことが「ノルマ」のように思えて、気が重くなる。

かといって、「後輩を飲みに連れて行かないと人事の査定が下がる」という状態にも耐えられない。

後輩を飲みに連れて行くのも嫌、飲みに連れて行かずに人事の査定が下がるのも嫌

つまり、「評価アップのための努力はしたくない、しかし評価が下がるのも耐えられない」という「ワガママ状態」になっていた。

となると、「自分はサラリーマンに向いていない」と判断せざるを得ない。

「誰かを飲みに誘う(または誘われる)」という普通のサラリーマンにとっては何でもないことが、自分には「悩みの種」になっているから。

で、「これは早目にサラリーマンから足を洗ったほうがいい」、と思い、早期退職となった。

サラリーマンをやめると「飲み会に行くかどうかで悩む」ことから解放されて、本当にすがすがしい毎日だ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS