会社をすでに退職していることに気づいて悪夢から救われる

シェアする

スポンサーリンク
ビル

またまた、会社で働いている夢を見た。

「悪夢」の部類に入る夢だった。

まあ、「会社で働いている夢」はわたしの中ではすべて悪夢なんだけど。

内容はこうだ。

スポンサーリンク

取引先でのプレゼンに遅刻しそう

ある朝、会社に向かう電車に乗っていた。

電車の中でぼーっとしながら、ふと気づいた。

「あ!今日は朝10時から取引先でプレゼンだった!」

会社に向かう電車に乗ってはいけない。

取引先に向かうには、別の路線に乗らなければならない。

さらに、最悪なことに気づいた。

ノーネクタイだ。

真夏とはいえ、取引先に行くならネクタイは必要だ(と、夢の中で思っていた)。

さらに最悪なことに、プレゼンの資料を会社に置いてきていることに気づいた。

ネクタイを買って、会社に立ち寄って資料を持って取引先に行かなければならない。

時計を見ると8時30分だった。

会社に立ち寄って取引先に向かえばギリギリ10時に間に合うかどうか、微妙だった。

気が焦りまくる。

ネクタイを売ってくれない店

会社の最寄り駅で降りて、ネクタイを売っている店をさがした。

幸い、紳士服店のような店があって、ネクタイが置いてあった。

グレー地で、しかもニコニコマークのようなふざけたイラストが入ったネクタイしかなかったが、デザインなんか気にしている余裕はなかった。

ネクタイ

「こんなネクタイをつけて取引先に行ったら怒られるんじゃないか」と思いつつ、仕方なくネクタイを手にしてレジに行った。

すると、店員が驚くべきことを口にした。

「ネクタイを売るにはお客様の”審査”が必要です。審査結果は後日ご連絡します」

えー、今すぐ売ってくれないの?

何を「審査」する必要があるのか?

借金するんじゃあるまいし。

話にならないからネクタイを買うのはあきらめて、会社に向かった。

会社があるはずの場所へたどり着いたが、会社のビルがない!

通勤途中で道に迷うなんて、ありえない。

焦りはさらに強くなった。

取引先へは遅刻、ノーネクタイ、プレゼン資料はなし。

どうする?

退職していることに気づいて現実世界に戻る

最悪だ、と落胆していた。

もう「万事休す」と完全にあきらめていたとき、気づいた。

そういえば、もう会社を退職しているはずなのに、何で会社に行かなきゃならんのだ?

ここで目が覚めて、まったりとした現実世界に戻ってきた。

まるで「臨死体験」のような夢だった。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS