10円すら稼げない悔しさと恥ずかしさ

シェアする

スポンサーリンク

悔しい、恥ずかしい。

銀行のATMコーナーに立ち寄った。

ATMの入金が終わって家に帰ろうとした。

ふと、ATMコーナーの前にある溝の中をのぞいてみると、10円硬貨が1枚落ちていた。

溝の幅は20cmくらいで、深さは15cmくらいだった。

水は流れていない。

ただし、溝の上に金網が置いてあった。

ネットで調べると溝の上においてある金網は「グレーチング(grating)」と言うらしい。

grating

個人投資家たるもの、10円があるのに無視して帰るわけにはいかない

溝の下にあるお金は有効活用される可能性がゼロだ。

投資家として放置できない。

スポンサーリンク

お金が取れない

グレーチングのせいで、指を突っ込んで溝の底にある10円硬貨取ろうとしても無理そうだ。

人がいるのでちょっと恥ずかしかったが、溝からグレーチングを取ろうとして、格子を握って上に引き上げようとした。

上がらない。

グレーチングと溝ががっちりと固定されていて、ビクともしない。

10円硬貨1枚とはいえ、超低金利時代には貴重だ。

もし、銀行預金で10円の利息をもらうにはいくら必要か計算してみた。

100万円の元本

普通預金の利息を0.001%だとすると、利息10円(税込)の元本は、

10÷0.001%=1,000,000(円)

だ。

100万円でっせ。

100万円を1年預けてやっと10円。

税抜きで8円。

悔しいけど、まだあの10円硬貨は溝の中にある。

次回ATMに行くときは、割り箸を持っていって先にガムをつけて取ってみようかな、と妄想する。

割り箸

グレーチング(歩道用) 300mm MCF30-19
モノタロウ
売り上げランキング: 47,941
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS