貯金100万円と月15万円の年金だけで無理な節約をせずに老後を生きる

シェアする

スポンサーリンク
通帳

もう、老後のために何千万円もの貯金を用意する必要はないし、リタイア後の生活費を補うためのバイトもいらない。

中町敏矢『あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活』(ぱる出版,2011)を読んだ。

タイトルの「年金15万円」に惹かれた。

月15万円の年金でどうやって暮らしているのか?興味津々だ。

著者は会社を定年退職後、年金だけで暮らしている。

年金受給額は夫婦で月額15万円だ。

貯蓄は、普通預金100万円のみ。

とても取り崩せるレベルの金額でないから、月々もらえる年金15万円で生きていくしかない。

どうやって生きている?

スポンサーリンク

「オールゼロ」生活

本の表紙にはこう書いてある。

月額15万円の少額年金受給でも”ラクチンな毎日”

困窮した無理繰り算段や耐久生活はしないでどう暮らしているか

月15万円の収入で、無理な貧乏生活に甘んじないでどうやって暮らしているのだろう。

詳細は本書を読んでほしいが、徹底的に固定費、交際費をゼロにしているのだ。

  • 税金……ゼロ
  • 健康保険料……ゼロ
  • 民間医療保険料……ゼロ
  • 個人年金……ゼロ
  • クルマ費用……ゼロ
  • 本、雑誌、新聞代……ゼロ
  • 趣味・娯楽費……ゼロ
  • 冠婚葬祭費……ゼロ
  • 借金……ゼロ
  • 利息……ゼロ
  • 通信費(携帯電話代)……ゼロ

などなど。

働かなくていいからストレスゼロ

わたしは、本書で紹介されている生活の最大のメリットは「ストレスゼロ」だと思った。

著者は無理な節約をせずに月15万円の年金だけで生活できている。

だから、働かなくてもいい。

もう若くはないから、安い時給で息子のような年齢の上司に怒鳴られるアルバイトなど、やるべきではない。そんなことを続けて小銭を稼いでいても、心身が蝕まれてしまえば、取り返しがつかない。

p.40

その通りです。

無理なく経費節減する

著者はサラリーマン時代は経理マンだった。

なので、経費節減は本業といえるので、低コスト生活は得意なのかもしれない。

だから、「支出金額」と「豊かさ」が完全に比例しているような「バブル脳」の人には「無理な節約」をしているように見えるかもしれない。

しかし、本書で紹介されている「月15万円で生きるノウハウ」を実践すれば、老後のために大きな貯金(定年までに○千万円みたいな)を作らなくても、衰えた体にむち打って無理にバイトしなくても生きていけそうだ。

早期リタイアやセミリタイアを目指している人、実践している人にも役に立つ一冊だ。

あんしん・お気楽!年金15万円のゴージャス生活
ぱる出版 (2016-03-10)
売り上げランキング: 83,354

参照普通老後で良いんじゃないの?: NightWalker’s Investment Blog

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS