「セミリタイアが最高!」というアインシュタインの幸福論

シェアする

スポンサーリンク
Einstein Zitate

アインシュタインが1922年に日本滞在中に書いたメモが約2億円でオークションで落札されたという記事を読んだ。

参照アインシュタインの「幸福論」、約2億円で落札 帝国ホテルでチップ代わりに(2017.10.25 BBCニュース)

宿泊していた帝国ホテルで、チップ代わりにメモをベルボーイに渡したとのこと。

なぜチップを渡さなかったのか。

それは現金を持ち合わせていなかったから。

1922年にチップの代わりに渡したメモが95年後の2017年に約2億円に化けた。

アインシュタインのメモの内容が深い。

スポンサーリンク

アインシュタインの幸福論

メモの内容は次のとおり。

メモには、「穏やかでつつましい生活は、成功を追求するせいで常に浮き足立っているよりも、より多くの幸福をもたらす」と書かれてあった。

出典アインシュタインの「幸福論」、約2億円で落札 帝国ホテルでチップ代わりに – BBCニュース

穏やかでつつましい生活は、成功を追求するせいで常に浮き足立っているよりも、より多くの幸福をもたらす” …… 一言でいえば「セミリタイアが最高!」という意味だと解釈できる。

メモはドイツ語で書かれていて、2つのライフスタイルを比較している。

  • 穏やかで慎ましい生活
  • 成功しているが、やたらと忙しかったり不安がつきまとう生活

アインシュタインは前者の「穏やかで慎ましい生活」の方がより幸福だとメモに書いている。

まとめ

わたしはアインシュタインのメモの内容は全面的に賛成だ。

「定収入はあるが、やたらと忙しかったり、不安がつきまとう生活」から足を洗って、確信している。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS