冬の眼の充血と対策

シェアする

スポンサーリンク
cat

最近は目が充血しがちだ。

ゲーム(PS4)のやり過ぎ?

平日にPS4三昧のセミリタイア生活
先日、PS4を購入した記事を書いた。今日は月曜日だが朝からPS4で遊んでる。平日にゲーム三昧の生活ができるのがセミリ...

目薬の多用は避けたいので、「目薬を使わない充血対策」について調べてみた。

ちなみに、今は冬だ。

スポンサーリンク

冬の眼の乾燥

目が充血する原因……ひょっとして「ドライアイ」?

確かに、眼が潤っていないような気がする。

眼の水分量が減って充血しているのだろうか。

冬の乾燥とひとみケア」(参天製薬)によると、冬は眼が乾燥しやすい季節らしい。

目を守り、機能を維持するために欠かせない涙の膜ですが、空気が乾燥すると蒸発しやすく、涙の量が少なくなります。特に、暖房により湿度が低下した室内では、涙の蒸発量が増え、角膜が外気に直接触れてしまい、乾き目や疲れ目、かすみ目などの症状を招きやすくなってしまいます。

出典第3回 冬の乾燥とひとみケア|なみだで守る季節のひとみケア| 参天製薬

暖房で空気が乾燥していると、眼が乾きやすいのか。

確かに、暖房した部屋でゲームをやりまくっていると、眼が乾く上に「まばたき」の量も減るので水分量が減るのだろう。

では、どうすればいいのか。

ゲームをやめる?

それはいやだ(笑)。

冬のドライアイの対策

上記の引用サイトによると、対策は次のとおり。

  • 暖房器具からの風を直接目に当てない→場所を移動したり送風口の向きを変える
  • 加湿器の使用やぬれタオルを干す→室内の保湿
  • コンタクトレンズを使用している場合は長時間の装用を避ける
  • 意識的にまばたきを繰り返す

なるほど、やってみよう。

※2017.12.9追記
一番効果があったのはゲームをやるときに「PCメガネ」をかけることだった。

パソコン用メガネ「JINS PC」(ジンズピーシー)で「目の疲れ」がほとんどなくなる
ブログの執筆などのパソコン作業で一番厄介なのが「目の疲れ」だった。今までは目薬をさすことで目の疲れに対応していたが、目薬を使っても疲...
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS