2017年のセミリタイア生活版「今年の漢字」

シェアする

スポンサーリンク
清水寺

2017年の「今年の漢字」は「北」だった。

参照今年の漢字は「北」に決まる(2017.12.12 ORICON NEWS)

わたしも2017年のセミリタイア生活を表す漢字を考えてみた。

今回は「投資」に関する漢字だ。

では発表する。

スポンサーリンク

今年の漢字

今年の漢字は、

「2」の漢数字だ。

2017年は歴史的な株高だったので「今年の漢字」は「」が妥当なのかもしれない。

しかし「株」ではあまりにも当たり前すぎて面白くない。

「ひねり」がない。

だから「二」とした。

理由を説明する。

「今年の漢字」選定理由

理由はつある。

理由の一つ目は「日経平均株価が2万円を突破した」ことだ。

日経平均2万円突破とセミリタイア資金
昨日(2017.6.2)の日経平均株価の終値が2万円を突破して20,177.28円となった。 参照日経平均株価(Yahoo!ファイナン...

2017年6月2日の日経平均株価(終値)が2万円を突破して20,177.28円となった。

わたしが40代で早期退職した2011年は、日経平均株価は8,000円台で「株で資産を増やす」なんてまったく考えられなかった。

なのに、まさかここまで株価が上がるとは想像してなかった。

驚きの確定拠出年金

理由の二つ目は「確定拠出年金」の手数料が重徴収されたことだ。

確定拠出年金(SBIベネフィット)の手数料が二重徴収されていた!
びっくりした、iDeCo。 確定拠出年金(SBIベネフィット)の取引履歴をみたら、見慣れない取引があるのを見つけた。 毎月積み立...

確定拠出年金を運用しているSBIベネフィットで、事務委託手数料を2倍徴収されるトラブルがあった。

誤徴収分だけ、投資信託の口数が減っていた。

その後、データの復旧があって誤徴収は解消された。

確定拠出年金は積み立て投資なので、右肩上がりで投資信託の口数が増えていくはず。

なのに、口数が減っていたのでびっくりした。

以上が「今年の漢字」の選定理由だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS