エアコンをつけて寝た方が睡眠の質が上がる

シェアする

スポンサーリンク

2018年7月の暑さは異常だ。

地震・大雨・ワールドカップで寝不足気味なのに、この暑さで慢性的な睡眠不足だ。

なので、睡眠不足解消のため、

熱帯夜の危険な眠り方と正しい快眠法(2017.7.17 All About)

という記事を読んだ。

目から鱗だったのが「睡眠時のエアコンの使い方」だ。

スポンサーリンク

エアコンをつけて寝ていいの?

今まで、「エアコンをつけっぱなしで寝ると体に良くない」と思っていた。

が、記事によるとこれは「間違い」のようだ。

暑い夜はエアコンをつけて寝た方がいいらしい。

熱帯夜の場合、一晩中エアコンをつけておくことで、理想的な温度・湿度の環境が実現でき、快眠することができます。

エアコンを長時間つけると電気代が心配だが、この猛暑ではお金よりも健康を優先させたい。

電気代はいくら増えるか

もし、2018年の夏を「エアコンつけっぱなし」で乗り切ったら、いくらくらい電気代が増えるか。

それは、許容できる範囲内か。

考えてみた。

仮に、月1万~2万円くらい例年より電気代が増えたとする。

エアコンを7、8月の2か月使ったとすると、電気代の増加は2万~4万円だ。

これで快適さと健康が維持できるなら、許容範囲だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS