インスタントラーメン(袋)を電子レンジで作るセミリタイア生活

シェアする

スポンサーリンク

これからはインスタントラーメン(袋めん)を電子レンジで作る時代になった。

先日、ホームセンターで「エビス らくチン野菜ラーメン」を買った。

電子レンジでインスタントラーメンを作るための「容器」だ。

これは買って正解だった。

いままでは、鍋に水を入れガスで沸騰させて麺を投入して……みたいな面倒なことをしなければならなかったが、これからは簡単にインスタントラーメンが作れる。

スポンサーリンク

電子レンジでラーメンを作る方法

作り方は簡単。

  • 水または熱湯500mlと麺を容器に入れる(熱湯の方が早く完了する)
  • 野菜をお好みで入れる
  • 落としぶたを置く
  • 電子レンジ(500W)で3分~7分(熱湯なら最短3分、水なら最長7分程度)
  • スープを入れる

これだけ。

容器が「ラーメン鉢」のような形をしているので、ひとりならラーメン鉢に移さなくてもそのまま食せる。

時間は電子レンジ測ってくれる

わたしが感じた一番のメリットは「時間を測らなくていい」だ。

ガスで調理する従来の方法だと、麺を鍋に投入してからガスを止めるまでの時間は、タイマーなどで人間が計測する必要があった。

電子レンジだと所要時間をセットしたら、調理が完了したら勝手に止まる。

これはラクで正確だ。

もう、インスタントラーメンをガスで調理することはないだろう。

ちなみに好きなインスタントラーメンは「出前一丁」だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS