土用の丑のうな丼に添える錦糸卵を「レンジだけ」で作った

シェアする

スポンサーリンク
egg

2020年7月21日は「土用の丑」の日だ。

土用の丑のうな丼に添えるための「錦糸卵」を作った。

「錦糸卵」とは、薄焼き卵を細く切ったものだ。

フライパンを使うと洗うのが面倒なので「レンジだけ」で調理できないか。

検索したら、調理法があった。

参照錦糸卵の作り方。わずか2分でできる、電子レンジのレシピ。(やまでら くみこ のレシピ)

錦糸卵 レンジ」で検索するとたくさんでてくる。

スポンサーリンク

調理法

ネットの情報を元に、わたしが実際に実行した調理法は次のとおり。

  • 卵1個を割り、ボウルのような容器に入れてよく撹拌して卵液をつくる
  • 大きめの平たい皿にラップを敷いて、卵液を流し込み、うすく伸ばす
  • 電子レンジ500Wで約2分
  • 冷めるの待って、包丁で千切り状に切る

生卵の部分をなくす

ネットで調理法をいくつか調べてみたところ、レンジの時間は「500W・1分」というのが多かった。

しかし、1分くらいでは皿の中央部に「生卵の部分」がかなり残った。

電子レンジ500Wだと、卵の「生」の部分をなくすのに2分ほどかかった。

なんとか「錦糸卵」ができた。

うな丼に、錦糸卵の彩りを添えることができた。

後片付けがカンタン!

錦糸卵の調理に使ったのは「皿」「ラップ」(と電子レンジ)だけだ。

皿はラップのおかげでまったく汚れておらず、洗うのがカンタンだった。

「後片付けのコスト」がほとんどゼロだった。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS