もちつきに失敗してエラいことになった2019年正月

シェアする

スポンサーリンク
もちつき2019 part2

もちをホームベーカリーで作った。

使ったホームベーカリーは2012年に購入した「siroca ホームベーカリー SHB-212」だ。

マニュアルの通り、もち米(3合)と水をホームベーカリーに投入して「スタートボタン」をポチっと押した。

1時間15分後、もちつきが完了してホームベーカリーが止まった。

このときは無事もちつきが終わったと思っていた。

が……。

スポンサーリンク

もちに違和感

できあがったもちをホームベーカリーから取り出そうとしたが、もちつちが完了して10分以上たってもまったく温度が下がらず、熱いまま。

おかしい。

マニュアルでは5分~10分で手で取り出せるくらい温度が下がると書いてあるのに。

10分以上経過しても、もちが熱すぎて手でさわれない。

約30分後、やっと温度が下がってきたのでもちをさわってみた。

感触がおかしい。

やわらかすぎる

もちが異常にやわらかい。

手に十分水をつけてホームベーカリーから取り出したのだが、もちが「のり」のように手について離れない

おかしい。

もちがやわらかすぎる……。

ムリにもちを取り出そうとして引っ張ったらら、もちが液体のようにキッチンに飛び散って、周囲がドロドロのもちだらけに。

ホームベーカリーが故障?

調べてみた。

失敗の原因

原因は、マニュアルを見たらすぐにわかった。

水の分量を間違えたのだ。

マニュアルには、もち米3合(420g)の場合、水は340mlと書いてあった。

が、わたしはもち米の重量(420g)を水の分量と読み間違えて、本来は水は340mlでいいのに420ml投入してしまった。

結果、水分が多い柔らかすぎるもちができてしまった。

まとめ

マニュアルはよく読みましょう。

siroca 米粉/ごはんパン・餅対応 2斤ホームベーカリー SHB-212
オークセール
売り上げランキング: 85,393


最近出ているホームベーカリーはわたしが持っているのより四角くなっているようだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS