2013年8月末時点の金融資産であと何年持つか

シェアする

スポンサーリンク

2013年8月31日時点の金融資産(預貯金、有価証券、年金積立)であと何年くらい持つか試算してみた。インフレと老齢年金は無視する。

スポンサーリンク

豪遊モード…18年

  • 頻繁に新車を買い換える(国産普通車)もしくは外車を長く乗る
  • 年に3回以上国内旅行または年に1回海外旅行
  • 息抜きに年に数回近場のシティホテル(ヒルトン、リッツ)に泊まる
  • とにかく、欲しいものはよく考えずに買う
  • 週末は毎回飲み会やデート
  • 飲めや歌えの大騒ぎ

(あまり「豪遊」というのをしたことがないので、何をしたらいいのか思いつかない)

少しぜいたくモード…27年

  • クルマは数年に一度買い換える
  • 毎年1、2回は国内旅行する、たまに海外旅行も可
  • 家計簿をつけて堅実な生活
  • 食事は自炊中心でたまに外食
  • 欲しいものは我慢せずに買う
  • 今の生活よりも、少し浪費が加わる生活

通常モード…50年

  • クルマはなし
  • 旅行は気が向いたら年に1回。ない年もあり。
  • 家計簿をキッチリつけて管理する
  • 必要な物だけを厳選して買う
  • つまり、今と同レベルの生活を継続する

節約モード…60年+α

「通常モード」に加えて、副業をして現金収入を得る

  • とにかく、無駄な支出は一切しない
  • 健康は必須条件

豪遊して太く短く生きるのもあり?今のところは「通常モード」と「節約モード」の間くらいの生活なので、悪性インフレが長続きしなければ何とかなるかな。一応試算はしてみたが、10年以上先のことは試算する意味はない。世の中は大きく変わるし、私の財布もどんな収支構造になっているかわからない。先は見えないからおもしろい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS