アーリーリタイアは「最良の人生」へのスタートに過ぎない

シェアする

スポンサーリンク
fly to early retirement

こんな反(?)アーリーリタイアのツイートを見つけた。

アーリーリタイアとは退職した時点でピークに達するライフスタイルではない、とわたしは考えている。

退職はあくまでもスタートラインに立ったに過ぎない。

人生のピークはアーリーリタイア後にやって来ると思っている。

なぜか。

スポンサーリンク

アーリーリタイアはどん底からのスタート

アーリーリタイアする人は退職後にやりたいことをやるために定年前に辞める。

もしくはやりたくないことをやめるために退職する。

職場の激務や人間関係に疲れ果てている場合もある。

つまり、アーリーリタイアを決めたときから退職するまでの時期は「ピーク(最良)」ではなく「ボトム(最悪)」である可能性の方が高い。

人生はアーリーリタイアを実現したときから右肩上がりになっていく、とわたしは考えている。

アーリーリタイア廃人説

「アーリーリタイアした時点が人生のピーク」と誤解される理由は「退職後は何もせずサラリーマン時代に身につけたスキルがなくなっていって無能になるから」だろう。

確かに、退職後はサラリーマン時代のような仕事はしなくなるので、スキルと勤労意欲はなくなっていく。

なぜななくなるかといえば「アーリーリタイア生活に無用」だからだ。

なので、問題はない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS