個人用口座に報酬が振り込まれたときの仕訳に迷った

シェアする

スポンサーリンク
電卓

先日、個人用の銀行口座にセミリタイア稼業の報酬(個人事業収入)が振り込まれた。

個人用の銀行口座に事業収入が振り込まれることはめったにないから、どう仕訳すればよいか迷った

調べた結果、仕訳は、

(借方)事業主貸 XXX (貸方)売上 XXX

と記帳すればいいことがわかった。

参照[勘定科目]個人用口座に報酬が振り込まれた場合の仕訳について(税理士ドットコム)

スポンサーリンク

なぜ個人用口座に振り込まれたか

わたしはセミリタイアしているが一応「個人事業主」なので、「事業用の銀行口座」は持っている。

収入のほとんどは事業用の銀行口座に振り込まれる。

しかし、今回の報酬は「個人用の口座」に振り込まれた。

なぜか。

理由は「振込手数料」だ。

「振込手数料」が「事業用の銀行口座 > 個人用の銀行口座」だったから、手数料の安い「個人用の銀行口座」に振り込むようにした。

「事業用の銀行口座」の振込手数料は、「個人用の銀行口座」の約8.3倍もあった。

本当は収入はすべて事業用の銀行口座に振り込んだ方が「シンプル」なのだが、手数料の差があまりにも大きいため、仕方なく振込先を個人用の銀行口座に指定した。

事業用の銀行口座に入金する場合

個人用の銀行口座に入った報酬を事業用の銀行口座(普通預金)に移す場合、仕訳は、

(借方)普通預金 XXX (貸方)事業主貸 XXX

となる。

参照個人用口座(プライベート)に振り込まれてしまった売上の仕訳は?(cashQA)

※「(借方)普通預金 XXX (貸方)事業主 XXX」ではないので注意。

<参考文献>

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS