早期退職後にはじめてつくったクレジットカードは「楽天カード」

シェアする

スポンサーリンク
master card

40代前半に会社を早期退職して、クレジットカードをつくった。

つくったカードは「楽天カード」だった。

早期リタイアしたらクレジットカードは作れるか?
会社を退職して早期リタイアしたら、自営や会社設立などの起業をしない限り「無職」となる。 サラリーマンでなくなっても、クレジットカードは...

理由は、「楽天」でよく買い物していたからだ。

サラリーマン時代につくった「イオンカード」を持っていたが、イオンのポイント(ときめきポイント)をあまり使わないので、楽天カードに切り替えようと思った。

スポンサーリンク

ダメモトで申し込んだ

クレジットカードをつくるときに心配だったのが「審査」だ。

「サラリーマンだと簡単に審査がとおってクレジットカードがつくれるが、自営業や起業家だと審査にとおりにくい」ときいていた。

退職後のわたしの職業は一応「自営業」だ。

税務署に「開業届」を出していたので公的に「自営業」を名乗れる。

参照[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続(国税庁)

審査が合格となるかどうか、ドキドキして待った。

合格?

審査結果は入会を申し込んだ日にすぐに来た。

「合格」

楽天カードがつくれた。

審査がとおった理由はもちろん不明(笑)。

その後の楽天カード

しばらく「楽天カード」を使っていたが、その後、ポイント還元率が高い「リクルートカード」、さらに「Amazonマスターカードクラシック」と乗り換えていった。

わたしのクレジットカード遍歴(サラリーマン時代~セミリタイア)
サラリーマンになってから退職後まで、どんなクレジットカードを使ってきたか。 わたしの「クレジットカード遍歴」をまとめてみた。 就...

2020年8月の今、楽天カードはリアル店舗で買い物したときに楽天ポイントをつけるため(またはポイントで買い物するため)のカードとなっている。

クレジットカード機能は使っていない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS