そもそも「早期リタイア」って何?

シェアする

スポンサーリンク
soutai 40

そもそも「早期リタイア(アーリーリタイア)」とは何か?

当ブログにおける定義をしておきたい。

早期リタイア(アーリーリタイア)とは、言葉のとおり「早期」に「リタイア」することだ。

「リタイア」は「退職」と言い換えてもいい(英単語を和訳しているだけだが)。

なので、「早期リタイア = 早期退職」と認識している。

スポンサーリンク

「早期リタイア」は40代?

「早期リタイア」の「早期」はどれくらいか?

わたしは40代くらいまでに退職したら「早期リタイア」と思っている。

理由は「自発性」だ。

早期リタイアは「自発的」に行うイベントだと考えている。

50代以降だと「早期退職制度の応募」や「リストラ(半強制的な解雇)」で辞めるケースが多いと思う。

なので、「自発的に辞める」というより「辞めさせられる」方が多いのではないか。

これはあくまでも当ブログでの見解なので、世間一般の定義は「定年前に退職(自己都合・会社都合に関係なく)したら「早期リタイア(アーリーリタイア)」だ。

早期リタイア後の身の振り方

早期リタイア(アーリーリタイア)後の身の振り方は3つある。

  • 完全リタイア
  • セミリタイア
  • 再就職

完全リタイア」は退職後は一切の労働をしないライフスタイルだ。

主な収入は不労所得(配当金、利息、賃料収入など)や株・投資信託の売却や貯金取り崩しなどの「資産の取り崩し」だ。

まったく働かず、趣味や娯楽がほぼ100%の生き方だ。

セミリタイア」は「趣味・娯楽」がメインだが、空き時間に「フルタイムではない労働」をして収入を得る。

自分のやりたいことや、軽いバイトなどで稼ぐ。

労働収入のほかに上記の完全リタイアのような不労所得もある。

わたしのライフスタイルは「労働収入と不労所得で収入を得るセミリタイア」だ(2020年8月26日現在)。

50代のセミリタイア8年目を支えた5つの収入源
昨年(2019年)、セミリタイア生活8年目を支えた5つの収入源の割合をグラフにしてみた。 2011年に会社を辞めて8年かけて、これらの...

3つめの「再就職」は、経済的な事情等で「完全リタイア」「セミリタイア」の継続が不可能になり、誠に遺憾ながら退職前のような「フルタイム勤務のサラリーマン」に戻ることだ。

参照アーリーリタイアを目指す人の「資産形成・収益確保」の法則 (2019.12.28 SankeiBiz)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS