早期リタイア後の財布の中身を公開

シェアする

スポンサーリンク


「日経WOMAN10月号」の「活躍する人を支える運命の財布を公開」という記事で、有名人や一般人が持っている財布とその中身を公開していた。

日経WOMANの企画にならって、わたしの財布の中身を公開してみる。

スポンサーリンク

財布の中身

財布は、近所のデパートで買ったEDWINの二つ折り財布。もう5年以上は使っている。スーツを着る時は長財布を使用していたが、最近はスーツを着ないので長財布の出番がない。スーツを着る機会がないのはいい傾向だ。
saifu1

財布の中身:カード類(クレジットカード(楽天)、ゆうちょキャッシュカード、ポイントカード2枚(マツキヨ・紀伊國屋書店))、現金
saifu2

  • クレジットカードは一応財布に入れているが、ほとんど使わない。
  • キャッシュカードは、旅先等で万が一現金が必要になったときに備えて、ATMが全国あちこちにあるゆうちょのカードを入れている。今のところ、旅先でお金がなくなってATMから引き出した、という経験はない。
  • ポイントカードは利用実績が多いものを2、3枚選択して財布に入れている。長期間使わないポイントカードは廃棄する。
  • 現金は通常2万円前後入れているが、人と会う時はやや多めに持つ。人前で弾切れになるのはちょっと格好悪いから。お札の向きはそろえる。
  • 1万円札は1枚入っているとなぜか安心する。
  • 使わないポイントカード、レシート類などの余計なものは財布に入れない。

サラリーマン時代の財布

ちなみに、サラリーマン時代の財布の中身は次のような感じだった。
■財布
長財布
■中身

  • 現金(2万円前後)、別に小銭入れを持つ
  • クレジットカード2枚(個人用、会社用)
  • ポイントカード2、3枚
  • 平安神宮のおみくじ※1

以前、長財布を使ったほうが年収が上がる、というような記事をネットで見かけたりそのような書籍があった記憶がある。わたしは財布の種類と年収は特に関係はないと思う。ただ、人格や普段の行動が財布に反映されることは確かだ。仕事がうまくいかなかったり、他人を不幸にすることが商売だったり、お金に汚かったりルーズだったりするとそれが財布にあらわれるだろう。

※1平安神宮のおみくじはなかなかいい結果が出ない(凶が出やすい)といううわさなので、小吉は他の神社の大吉レベルだと思ったから。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS