京都府立高校入試(2021年度)の「いけず」な計算問題

シェアする

スポンサーリンク
合格祈願

2021年度(令和3年度)京都府立高校の入試問題(数学)の計算問題を解いてみた。

参照京都府・滋賀県公立高校 入試問題と解答(京都新聞)

意外に「いけず」な計算問題だった。

問題は次のような一見簡単に見える計算問題だ。

$$\left( -2\right) ^{2}-\left( -6^{2}\right) \times \frac{2}{3}=$$

出典(2021 京都府立高校(前期)数学 1-(1))

スポンサーリンク

2乗にひそむワナ

わたしが「いけず」だと思ったのは、

$$\left( -6^{2}\right)$$

だ。

恐らく、

$$\left( -6^{2}\right) = 36$$

誤答させようとしているのでは、と勘ぐった。

左隣の「マイナス2の2乗」はカッコの外に2乗があるから、

$$\left( -2\right) ^{2} = 4$$

となるので、ついうっかり「(マイナス6の2乗)」も「36」と答えてしまうのでは?

正解はもちろん、

$$\left( -6^{2}\right) = -36$$

だ(「6の2乗」のマイナスなので)。

計算の答案

上記の計算問題の答案は、

$$\left( -2\right) ^{2}-\left( -6^{2}\right) \times \frac{2}{3}$$

$$= 4 -\left( -36\right) \times \frac{2}{3}$$

$$= 4 -\left( -24\right)$$

$$= 4 + 24$$

$$= 28$$

となる。

念のため、Google先生で検算してみた。

参照(-2)^2 – (-6^2) * 2/3 = (Google)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS