一万円札の記番号を素因数分解しようとしたが苦戦した

シェアする

スポンサーリンク
一万円札

財布にある一万円札の記番号の数字部分を見たら「295118」だった。

記番号

最近は数学にハマっているので、この記番号を素因数分解したくなった。

実際にやってみると、かなり苦戦した。

スポンサーリンク

295118の素因数分解

まず、一の位に注目した。

8で偶数だ。

偶数は2で割り切れるので、2で割ってみた。

295118 ÷ 2 = 147559

よって、

295118 = 2 × 147559

手計算でできたのはここまで。

なぜなら、147559の素因数分解が「強敵」すぎたからだ。

強敵だった147559

147559が何かで割り切れるのか。

それとも1と自身(147559)以外に約数を持たない「素数」なのか。

わからないので「素数判定機」のサイトで調べた。

参照素数判定機(instant tools)

結果、147559は素数ではなく41で割り切れることがわかった。

素数判定機

素因数分解の結果

素数判定機で調べた結果、295118を素因数分解すると、

295118 = 2 × 41 × 59 × 61

だった。

「41」「59」「61」と3つも大きめの素数が入っている。

これは手計算で素因数分解するのは無理だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS