早期リタイアと経済的自由(FIRE)を目指す唯一の理由

シェアする

スポンサーリンク
退職届

わたしが40代前半で早期リタイアして経済的自由(現代風に言えばFIRE)を目指した理由は、

会社に二度と行きたくないから

だった。

サラリーマン時代末期は、

会社に行かなくてもいい生活を一刻も早く確立したい!!!

という気持ちでいっぱいだった。

「会社に行かなくてもいい生活」を言い換えると「会いたくない人と会わなくていい生活」だ。

スポンサーリンク

「お金」は会社に行かないための手段

早期リタイアを実現するために「貯金」に励んだ。

お金が増えると嬉しいが、お金はあくまでも早期リタイアの手段だ。

「貯金すること」を人生の目的にしてはいけない。

いつまでたっても早期リタイアできないからだ。

わたしは、退職前は「早期リタイア生活 = 貯金を取り崩す生活」と想定していた。

つまり、退職後は貯金が減っていくと覚悟していた。

もし「貯金してお金を増やすことが人生の目的」なら、死ぬまで働き続けて貯金を増やすしかなくなる。

いつまでたっても早期リタイアできない。

早期リタイアしたがお金が減らない

実際に早期リタイアしてみると、退職前の想定とは違ってお金は減らなかった。

アベノミクスの株高で、次のように純金融資産が増えていったからだ(2018年は株安で対前年比で減ったが)。

純金融資産 2020

縦軸の純金融資産の金額は2003年度を100としている。青色はサラリーマン時代、2012年度以降の緑色はセミリタイア時代を示す。

退職後に資産が増えたのはあくまでも「結果」でしかないが……。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS