FIREを自称していいのは40歳まで?

シェアする

スポンサーリンク
time money

30代手取り年収500万の人が40代で楽する方法(2021.5.8 東洋経済オンライン)

という記事を読んだ。

今流行のFIRE(Financial Independence, Retire Early = 経済的自立&早期リタイア)について、「FIREを目指している!」と公言していいのは40歳までという。

FIREは語義からわかるとおり、せいぜい40歳くらいまでの若者が目指すものであって、中高年が「金融的独立」を目指すのはいいことだが、「FIREを目指している」と自称するといささかイタい。中高年の場合は、単なる老後不安だ。

FIREの後半のREは「早期リタイア」を指す。

年収の25倍以上の貯蓄を持っていたとしても40歳を大きくオーバーして会社を辞めて「FIREを達成しました!!!」とブログで公表しても、

イタイ

のか。

「セミリタイアブログ」を運営してきた50歳過ぎのブロガーがFIRE人気に便乗して「FIREブログ」と看板を掛け替えるのは「イタイ」のか。

スポンサーリンク

わたしは40代前半で(早期)リタイア

わたしは40代前半で会社を早期リタイアした、と公言している。

が、FIREの基準からすると「早期」ではないのか。

FIREから早期の「E」を除いて「FIR」なのか。

「FIRを達成しました!!!」

と言えばイタくない?

FIRという英単語

FIREという言葉は「火」や「解雇」を意味する英単語だ。

「リタイア」と「解雇」を掛けた言葉だ。

わたしが達成した「FIR」について、そんな英単語はあるのか。

あった。

fir(ファー)は植物の「モミ」だそうた。

参照fir 英語(Google先生)

クリスマスツリーによく使われる「モミ」だ。

fir

firという英単語はあるが、「経済的自立」や「リタイア」と何の関連性もない。

リタイア後は毎日がクリスマスのようにワクワクする日々……と無理に関連づけてみる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS