国民年金と貯蓄に分散投資する

シェアする

スポンサーリンク

国民年金保険料は全額支払っている。法律で決まっているからというのもあるが、いちばん大きな理由は「インフレに備える」。

年金保険料を免除してもらい、浮いた分を貯蓄に回す方法もあるが、インフレに勝てるかどうか不明だ。年金受給額はインフレ率に比例するはずなので、インフレになれば受け取れる金額は増えるはず、という期待を持っている。

「少子高齢化で財政が苦しいから、インフレかどうかに関係なく年金は減る」というのであれば、年金では生活できなくなる。老齢者が生活できなくなれば、年金制度が破綻するだけではすまない。国家が破綻する。

年金があまりにも少額過ぎたら、年金保険料免除者のバッシングが起こって免除者の年金が先に減額されたり、生活保護に流れる者が増えて生活保護も減額される可能性がある。

一方、年金だけで生活できる、と言い切る自信はないので貯蓄もする。年金と貯蓄の分散投資だ。

<年金制度・年金問題・社会保障政策を短時間で冷静に勉強するため本>

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS