パソコンに予備機は必要か

メインで使っているパソコンが故障した時に備えて、予備機を用意する必要があるか。必要性を感じたのはパソコンのトラブルがきっかけだ。

以前、パソコンが起動しなくなるというトラブルがあった。原因はWindows Updateでプログラム更新に失敗したため(詳細は以前の記事「Windows Updateを適用するとPCが正常起動しなくなる」を参照)。

現在はパソコンは通販、ネットバンキング、図書館の予約、ブログ運営等、生活に必要不可欠になっている。故障で何日も使えないと「快適な生活」に支障が出てくる。

パソコンが起動しなくなったとき、あわてて近所の家電量販店に行ってパソコンを買おうとした。パソコンがなくなることに本能的に危機感を感じたみたいだ。実際はWindows Updateのトラブルを解消してパソコンが起動したため、買い換える必要はなくなった。

しかし、予備機の必要性がなくなったわけではない。今使用しているパソコンもいつかは使えなくなる日が来るからだ。

一応、予備機らしいパソコンはある。以前使用していたパソコン(10年前に発売された機種!)を捨てずに置いてある。ただ、OSはWindowsXPでWi-Fiが使えない(有線LANのみ)。WindowsXPはサポート切れになるので、ずっと使い続けるわけにはいかないし、メモリーが小さすぎるので起動に20分ほどかかる。

やはり、実用的な予備機としてタブレット端末または小型のノートパソコンを買うべきか(デスクトップは大きすぎて部屋に2台も置けない)。

年末に向けて思案中。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader