ネコが教えてくれた「会社を辞めたほうが成功率が2倍になるケース」

ある選択をした場合、その選択を変えないほうがうまくいくのか、変えたほうがいいのか。

髙橋洋一著『数学を知らずに経済を語るな!』を読んでいて、次の問題に悩んだ。モンティ・ホール問題だ。

スポンサーリンク

モンティ・ホール問題


モンティ・ホールという人が司会を務めるゲームショー番組で次のようなゲームがあったそうだ。

プレイヤーの前に3つのドアがあって、そのうち1つのドアの後ろだけに景品が隠されている。

司会者は正解を知っていてプレイヤーがドアを選択したあと、残りの2つのドアのうち「はずれ」のドアを開けてプレイヤーに見せる。

プレイヤーは選択するドアを変えたほうがいいのか?そのままにすべきか?

選択を変えたほうが当選確率が上がる


答えは、選択を変えない場合は当選確率は1/3。変えた場合は2/3。

転職を例にとると、ある日、夢の中に神様が現れて「今の会社に残る」「A社に転職する」「B社に転職する」の3つのうちから選ぶように、と言われたとする。3つの選択肢のうちいずれか1つに成功があるものとする(他の2つは失敗とする)。

転職が面倒なので「今の会社に残る」を選択したとする。

神様は「それは賢明な選択だ。A社に転職すると失敗する」と告げ、「もう一度選ばせてあげよう」と言う。この時点で、成功は「今の会社に残る」「B社に転職する」のいずれかにあることがわかる。

最適な解答は「B社に転職する」。「今の会社に残る」を選ぶより成功する確率は2倍になる。

おそらく、納得できないかもしれない。

※最初の解答で「B社に転職する」を選んで「A社に転職すると失敗する」と言われたら、最適な解答は「今の会社に残る」になる。

本書の説明だけを読んでも理解できなかった。「モンティ・ホール問題」で検索して、

ネコでもわかるモンティホールジレンマ(DOFI-BLOGどふぃぶろぐ)

のネコの説明で理解できた。

※自分で思い込んでいた確率が数学的には正しくない場合があり、正しくないことを知らないまま行動すると損失を被ることがある。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader