早期リタイアは「金メダル」よりも「入賞」を目指す

投資家として成功して大金持ちになってハッピーリタイアする……

これは大勝利、オリンピックで言えば金メダルだ。

ただし、実現可能性は少ない。危険な淡い夢だ。

普通の早期リタイアはハイリスクなことはしてはいけない。

メダルはいらない。入賞できればOK」と考える。

アイスダンスで言えば、ハイリスクな演技は避ける。無難に事なかれ主義を貫く。観客を楽しませることより、何事もないことを優先させる。

「事なかれ主義」とは、

いざこざがなく、平穏無事に済みさえすればよいとする消極的な態度や考え方。

goo辞書


平穏無事に済みさえすればよい……これでいいのだ。とにかく平穏無事であればいい、という意味では、早期リタイアとサラリーマンマインドは親和的といえる。もっとも、現在のサラリーマンは「勇ましい目標」を目標管理シートに記入させられ、機関銃に向かって銃剣突撃させられているが……。

勝つ必要なんてない。勝利を目指してはいけない。負けなければそれでいい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader