40歳引きこもりでも自宅と貯金3000万円あれば生きていけるプラン

シェアする

スポンサーリンク

高齢化する引きこもり 親亡き後の「サバイバルプラン」(2014.3.17 産経) を読む。親と同居している引きこもりの子どもが、親が亡くなっても一人生きていくプランを作ろう、というものだった。

プランの目標は、

親亡き後も、引きこもりの息子や娘が平均寿命程度まで食べていける

こと。

スポンサーリンク

40歳を過ぎたら引きこもりプラン

プランを建てる時期は40歳が目安だという。40歳を過ぎても就業経験がなければ「就職してお金を稼ぐ」ことはほぼ不可能になるからだ。生まれてから「自分で考え、行動して他人からお金をいただく」経験をしたことがないのだから。

プランを立てる時の「前提条件」となるのは、

自宅のほかに2千万~3千万円程度

としている。「2千万~3千万円」の根拠は、とりあえず65歳の年金受給開始時まで貯金で食いつなぐ、ということだと思う。個人的には2,000万円は厳しい(地方ならOKかな)。都会なら最低3,000万円は欲しい。

働いて食べていくということを期待せず、いざとなったら現在ある金融資産+年金で平均寿命まで食いつなぐ、という現実的なプランを立てておけば安心できる。

実際は、引きこもっている人自身が平均寿命までの資金計画を立てているのかが問題だ。

手持ちの資産を洗い出す

家にある資産、債務を洗い出し、長期的な収支計画を立てて、予算を厳守しながら質素倹約を心がけて生活する……自分もリタイアして気づいたが、経営者的な視点が必要だ。

記事によると、プランの作り方は

(1)子供が40歳になったときを目安に着手

(2)資産の洗い出し。預貯金、株式、保険などの合計額をはじき出し、不動産評価額を把握

(3)家計の収支を把握し、子供にかける費用の上限を決める

(4)親亡き後の子供の生活費を割り出す。持ち家で家賃不要なら月10万円を限度に

(5)親亡き後のサポート体制を考える。兄弟姉妹に根回しを

(6)相続でもめる可能性もある。生命保険で確実に本人に資産を残す手も

(7)親亡き後の住まいの確保。持ち家は売却するか建て替えた方がいいケースも

(8)住み替えるなら介護も視野に

(9)役所や銀行での手続きを経験させるなど、子供に1人暮らしの準備をさせる


本当はこういうプランニングは子ども本人も巻き込んで、というより本人が主体的にやるべきなんだろうけど……。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS