人生後半になって初めて気づいたこと

森博嗣『常識にとらわれない100の講義』を読む。わたしも40歳過ぎまで、ピーナッツの茶色の薄い皮をむかなければいけないと思い込んでいた。

peanuts0401

五十年以上、僕はピーナッツの茶色の薄い皮を剝かないと食べられないと思っていた。でも剝かないという人に会って、自分も試してみたら、ほとんど同じ味だった。「そうか、剝かなくても良いのか」と驚いたのである。

本書p.182


40歳を過ぎても知らないこと、間違った思い込みは多いものだ。知らなかったことを知ることができた時、「読書してよかった」と心から思える。

それが、「ピーナッツを食べる時に茶色の薄い皮をむくかどうか」ということであっても。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader