読書 一覧

スポンサーリンク
【中学入試】4で割ると1余り、5で割ると2余り、7で割ると2余る整数

【中学入試】4で割ると1余り、5で割ると2余り、7で割ると2余る整数

講談社ブルーバックスの数学本『やじうま入試数学 問題に秘められた味わいのツボ』を読んでいたら次のような中学入試の問題があった。 4で割...

記事を読む

2022年の「お盆休み」に読んだ本

2022年の「お盆休み」に読んだ本

2022年の「お盆休み」に読んだ本を紹介する。 「お盆休み」とは世間の会社員が取得したであろう夏期休暇の期間だ。 だいたい8月1...

記事を読む

なぜ山本五十六は真珠湾攻撃を決行したか

なぜ山本五十六は真珠湾攻撃を決行したか

連合艦隊司令長官・山本五十六は名将か、凡将か、愚将か。 『「太平洋の巨鷲」山本五十六 用兵思想からみた真価』(大木 毅(著), KAD...

記事を読む

スポンサーリンク
60代からの「健康」「お金」に対する心配を消す

60代からの「健康」「お金」に対する心配を消す

わたしはあと数年で60代に突入する。 『60代から心と体がラクになる生き方 老いの不安を消し去るヒント』(和田 秀樹(著), 朝日新書...

記事を読む

2022年のゴールデンウィークに読んだ本

2022年のゴールデンウィークに読んだ本

この記事を書いているのは2022年のゴールデンウィーク最終日(5月8日)だ。 現在はセミリタイア生活真っ最中なのでゴールデンウィークか...

記事を読む

四国を舞台にした鉄道ミステリーで懐かしい気分

四国を舞台にした鉄道ミステリーで懐かしい気分

『松山着18時15分の死者 』(津村 秀介(著), 光文社文庫, 2005)を読んだ。 サラリーマン時代に出張で何回か瀬戸大橋を渡って...

記事を読む

暗殺・処刑という末路となる可能性が高いロシアの君主

暗殺・処刑という末路となる可能性が高いロシアの君主

ロシアの非道なウクライナ侵略が続いている。 戦争を機にロシアの歴史を学ぼうと思い『名画で読み解く ロマノフ家 12の物語』(中野 京子...

記事を読む

【離婚】不倫調査コストを最小限に抑え慰謝料を最大化した見事な投資

【離婚】不倫調査コストを最小限に抑え慰謝料を最大化した見事な投資

離婚が株式投資の参考になるとは……。 『探偵の現場』(岡田 真弓(著), 角川新書, 2020)を読んだ。 探偵社の女性社長が書...

記事を読む

1 2 3 4 50