経済的自立はきっと実現できる

シェアする

スポンサーリンク

お金持ちの研究書『となりの億万長者』(トーマス・スタンリー、ウィリアム・D・ダンコ)を読みなおした。

「お金に困らない人生活」、つまり「経済的自立」を目指している人に勇気を与える次の言葉が好きだ。

経済的にしっかりした基盤を持とうと考えているなら、きっと実現できる。だが、よい暮らしをするためにお金が欲しいと思っているのなら、一生、金は貯まらない。

p.140

「よい暮らし」は「高コスト生活」だから、お金は貯まらない。

本書によると、お金が貯まらない人は人生の目標は「仕事・キャリア」だと言う。

「たくさん稼いでたくさん使う」という目標を目指すのが「貯まらない人」だ。

スポンサーリンク

働いて、金を使って、貯まらない

本書によると、お金が貯まらない人に「なぜ汗水たらして働いてお金を稼ぐのか?」と尋ねたら、「使うお金が欲しいから」という答えが返ってきた。

「ぜいたくな生活がしたいのだ」、と。

「お金が貯まらない人」は、カネのかかる生活を支えるために仕方なく働いている

「カネのかかる生活」とは「金持ちを装う生活」だ。

つまり他人から「金持ち」と見られたいのだ。

見栄を張って。

参照見栄を張るお金があるなら、貯金したほうがいい。仕事を辞めやすくなるから。

収入の範囲内で生活する

お金を貯めるには収入の範囲内で生活することだ。

収入が低くても支出がそれ以上に低ければ何の問題もない

損益分岐点を思いっ切り低くしておけばいい。

1990年代初頭までのバブル崩壊前は、正社員なら「借金してマイホームを買う」という「不動産投資」で儲けることができた。

参照正社員の実態は「成功した不動産投資家」だった

しかし、今は不動産も株も将来どうなるかわからない。

となれば、なるべく現金を手元に残すしかない。

まずは手持ちのキャッシュを増やす。

投資はお金が貯まってからだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS