イギリスのEU離脱と奈良の鹿

鹿

今日(2016年6月24日)はイギリスのEU離脱が決まった。

日経平均株価は前日比▲1,286.33円の14,952.02円だった。

「あーあ、株価が下がった」と思いつつ、NHK「歴史秘話ヒストリア~奈良 ここにシカない奇跡」(再放送)を観た。

この番組は「イギリスのEU離脱」とは何の関係もない

スポンサーリンク

奈良の鹿は野生

今まで知らなかったのだが、奈良の鹿は野生だそうだ。

てっきり奈良市か東大寺が飼っているのかと思い込んでいた。

野生だからエサはすべて鹿が自分で探して食べている。

「鹿せんべい」はエサのうちの一つに過ぎない。

奈良の鹿は「鹿せんべい」だけで生きているわけではないようだ。

なぜ、奈良には鹿があんなにたくさんいるのか。

奈良の春日大社の祭神である「タケミカヅチ命」が常陸(茨城県)の鹿島神宮から白鹿に乗って奈良に来たという伝説から、鹿への信仰が生まれたという。

(戸部民夫『「日本の神様」がよくわかる本 八百万神の起源・性格からご利益までを完全ガイド 』(PHP文庫 2004)p.73より)

その後、江戸時代に徳川家康が奈良の鹿の保護命令を出して、実質的に天然記念物となった。

番組が突然中断

番組が後半に来たところ、突然番組が中断した。

イギリスのキャメロン首相が辞任表明」というニュースだ。

速報にするニュースでもないような気がするけど。

結局、ニュースで番組が上書きされてしまって、終了した。

株は下がるし、番組は中断されるし、何事も中途半端な1日だった。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader