書店で「ウチのポイントカードは作らないほうがいい」と言われた

library

某大手書店で本を買おうとレジに行った。

店員が「ポイントカードをお持ちですか?」と尋ねるのでわたしは「持っていませんと答えた」。

ポイントで割引があるようなので、わたしは「ポイントカードは作れますか?」と店員にきいた。

しかし、店員は「ウチのポイントカードは作らないほうがいい」と言う。

なぜ?

ふつうなら客にポイントカードを作ることを勧めるものなのに。

スポンサーリンク

ポイントカードを作ると損する

ポイントカードを作らないほうがいい理由は「手数料がかかるから」。

店員いわく、

今、ポイントカードを作ると手数料がかかるから損ですよ。手数料無料のキャンペーン期間があるので、そのときに作ったほうがいいです」

とのこと。

書店と客の利益が相反するときは客の側に立つ……なかなかできない。

ポイントカードは増やしたくない

その後、その書店のポイントカードを作ったかといえば、作っていない(笑)。

店舗で本を買うときは株主優待の図書カードやQUOカード、金券ショップで3%割引で買った図書カードを使う。

割引目的であえてポイントカードを作る必要はないと考えている。

クレジットカードや各種ポイント(楽天ポイント、Tポイント等)のカード、ドラッグストアのポイントカード等ですでにカードだらけ。

最近はカードを持ち歩くのが面倒になってきている。

だから、買い物で持っていくのはメインで使うクレジットカード1枚だけ。

これ以上ポイントカードを増やしても使わないだろう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader