自転車用空気入れの進化にビックリ

シェアする

スポンサーリンク
自転車

自転車用の空気入れを買い替えた。

それまで使っていた足踏み式の空気入れ(フットポンプ))のホースに穴が開いたせいか、何回ペダルを踏んでもタイヤが膨らまなかった。

なので、数年ぶりに空気入れを買い替えた。

買い替えて正解だった。

今の空気入れって、性能が格段に進化している。

スポンサーリンク

初めてAmazonで空気入れを購入

今回買った空気入れは、

自転車用 空気入れ エアポンプ フットポンプ エアーポンプ 足踏み式 ゲージ付き ミニ型 バルブコネクタ付 フットポンプ 米式対応 仏式対応 120PSI【一年間保証】

だ。

価格は1,230円で、Amazonで購入した。

いままで、空気入れはホームセンターなどの「リアル店舗」で買っていたが、今回は買い替え時期(2019年8月)が猛暑だったので、通販にした。

タイヤがすぐにパンパンに

早速使ってみて驚いた。

空気が少々抜けている状態の自転車のタイヤに、空気を入れてみた。

ペダルを2回ほど踏んだだけでタイヤがパンパンになった!

今まで使っていた空気入れだと、少なくとも20回はペダルを踏まなければならなかった。

あまりにも早く空気を入れ終わることができて、感動した。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS