2019年セミリタイア生活の「想定外の出費」まとめ

シェアする

スポンサーリンク
出費

2019年(令和元年)もあと10日ほどで終わる。

1年の「お金」の締めくくりとして、今回は「想定外の出費」を振り返ってみたい。

平穏なセミリタイア生活を目指していても、予想しない形でお金は出ていく。

まずは、一番高額な「想定外の出費」だ。

スポンサーリンク

手術

ひとつめの想定外の出費は「腎臓結石の手術」だ。

腎臓結石の手術(ESWL)で石を割ってきた
先日、腎臓結石の手術を受けた。 サラリーマン時代に尿路結石になって手術をして以来、病院でレントゲンによる定期検査をしている。 定...

病院のレントゲン検査で、腎臓結石の大きさが15mmを超えていることがわかった。

なので、腎臓結石を衝撃波で割って粉砕する手術(ESWL)を受けた。

幸い、自然に体外排出される大きさまで石が粉砕された。

その後の検査で、少しずつだが「痛みなし」で体外に石が出ているのが確認できた。

手術の費用は検査・薬コミコミで6万円ほどだった。

後日、高額療養費で数千円が返ってきた。

高額療養費の請求と限度額適用認定証の取得
腎臓結石の手術でかかった費用の一部を取り戻すため、役所へ高額療養費の請求に行ってきた。 手術を受けた月にかかった費用の総額は6...

風のいたずらで出費

ふたつめは「自転車用ベル」だ。

自転車用ベル

外出先で自転車を止めておいたのだが、突風が吹いて倒れた。

その際の衝撃で、自転車用ベルがバラバラになった。

ベルの内部の歯車などの小さい部品が飛び散って、修復不可能の状態だ。

100円ショップで買おうとしたが、なかった。

仕方なくサイクルショップで買い替えた。

費用は、100円ショップの倍以上の217円だった。

ゲームやりすぎ?

最後はセミリタイア生活ならでは(?)の出費だ。

PS4のコントローラーの十字キーがきかなくなった。

セミリタイア生活でサラリーマン時代よりゲーム時間が増加したせいか、コントローラーの寿命も短くなったようだ。

仕方なく買い替えた。

PS4コントローラーの寿命が会社員時代に比べ短いという「セミリタイアあるある」
PS4のコントローラーが「寿命」を迎えた。 十字キーが反応しない。 ゲームができない。

以上、2019年セミリタイア生活の想定外の出費でした。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS